婦人

原一探偵事務所に調査を頼もう【評判高い理由を解明】

問題社員がいる場合は調査

レディ

早めに調査を依頼する

大企業になればなる程多くの社員を抱えることになり、中には問題社員と呼ばれる社員を採用してしまう場合もあります。問題社員といっても企業によって定義が違いますが、会社の金品横領や架空領収書の作成などの疑惑がある場合はすぐに調査をするのが良いでしょう。最近では、企業調査を依頼する会社も増えてきており、多くの探偵が調査を請け負っています。少しでも疑わしい行動が見受けられた場合は、他の社員への影響や企業の存続を考えてもできるだけ早めに身辺調査や素行調査などを探偵に依頼しておくのが良いでしょう。先送りにせずに早めに対応することによって安心して経営を進めていくことができます。

料金などを確認

企業調査をするときには、探偵事務所が提示している料金もチェックしておくのが良いでしょう。調査を依頼するとなると少なからず料金が発生してしまいますが、最近では低価格で企業調査を請け負ってくれる探偵事務所も多いのでコスト面を気にせずに調査を依頼することもできます。企業調査で行われる内容として代表的なものは、素行調査や行動調査、身辺調査ですが、調査をして書類で報告するだけでなく、不貞シーンの撮影もしてくれます。調査料金は、調査に必要となる探偵人数や調査時間によって変わってきますが、8時間程度の企業調査で10万円程度の費用は最低でも必要となります。10万円と聞くとかなり大きな額と感じる企業も多いですが、怪しい社員が大きな問題を起こしたときの過失を考えるとさほど気にする額ではないでしょう。